ISSUE


出版物・ソフト・保険など

出版物

1.会誌「設備設計」

「設備設計」2019年7月号

  • ご挨拶 西田能行(一般社団法人日本設備設計事務所協会連合会会長)
  • 第35 期・令和元年度/2年度役員
  • 法改正情報  建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律について
  • 建物情報 横浜野村ビル
  • ブロック協議会便り
    北海道・東北ブロック(福島県)
    関東ブロック(千葉県)
    東海・北信越ブロック(福井県)
    近畿ブロック(京都府)
    中国・四国ブロック(岡山県)
    九州・沖縄ブロック(福岡県)
  • 竣工情報
    神奈川県立歴史博物館空調改修工事/神奈川県・㈲建築設備設計 纏企画
  • JAFMEC トピックス
    第67 回定時総会
    会務主要報告
  • 令和元年建築設備士試験「第二次試験」(設計製図)の課題について
  • 賛助会員/製品・機器・企業紹介
  • 編集後記/新居修三(JAFMEC広報委員会委員)
「設備設計」2019年4月号

  • 巻頭言 髙木俊幸(一般社団法人日本設備設計事務所協会連合会副会長)
  • 竣工情報 道の駅ふたつい整備事業建設工事/秋田県・㈱三光企画設計
  • ブロック協議会便り
    北海道・東北ブロック(北海道)
    関東ブロック(栃木県)
    東海・北信越ブロック(岐阜県)
    近畿ブロック(滋賀県)
    中国・四国ブロック(香川県)
    九州・沖縄ブロック(長崎県)
  • JAFMEC トピックス
    会務主要報告
    平成31 年「新年のつどい」
    平成30 年北海道胆振東部地震災害支援金協力に対する御礼
    新告示第98 号公布に寄せて
  • 法改正情報 告示第98 号
  • 賛助会員/製品・機器・企業紹介
  • 編集後記/藤原克彦(JAFMEC広報委員会委員)
「設備設計」2019年1月号

  • 年頭所感
    国土交通省住宅局長 石田 優 様
    国土交通省大臣官房官庁営繕部設備・環境課 課長 小黒賢一 様
    当会 西田能行会長
  • 建物情報 東京ガス豊洲スマートエネルギーセンター
  • ブロック協議会便り
    北海道・東北ブロック(秋田県)
    関東ブロック(神奈川県)
    東海・北信越ブロック(富山県)
    近畿ブロック(和歌山県)
    中国・四国ブロック(島根県)
    九州・沖縄ブロック(大分県)
  • JAFMEC トピックス
    会務主要報告
    平成30年西日本豪雨災害支援金協力に対する御礼
    平成30年北海道胆振東部地震被災地への支援金口座開設についてのご案内
    平成30年度建築物省エネ法説明会実施報告
    「建築設備士の日」記念行事(報告)
    平成30年建築設備士試験「第二次試験」(設計製図)の合格者の決定について
    平成30年建築設備士試験「第二次試験」(設計製図)の合格基準等について
    建築設備士CPD制度「認定プログラム」申請状況について
    機関誌「設備設計」バックナンバー 一覧
  • 竣工情報
    枇杷島スポーツセンター空調設備改修工事/愛知県・㈱黒田設備設計
    小学校空調設備設置工事(市内9校)/滋賀県・オオタニ設計
  • 賛助会員/製品・機器・企業紹介
  • 編集後記/鈴木清晃(JAFMEC広報委員会委員)
「設備設計」2018年10月号

  • 巻頭言 山口和明(一般社団法人日本設備設計事務所協会連合会副会長)
  • 建物情報 前橋赤十字病院
  • ブロック協議会便り
    北海道・東北ブロック(青森県)
    関東ブロック(埼玉県)
    東海・北信越ブロック(静岡県)
    近畿ブロック(奈良県)
    中国・四国ブロック(高知県)
    九州・沖縄ブロック(沖縄県)
  • JAFMEC トピックス
    会務主要報告
    平成30 年7 月西日本豪雨災害に伴う支援金口座開設についてのご案内
  • 竣工情報
    千葉市高洲市民プール体育館再整備事業/千葉県・㈱環境設備計画
    高松電気ビル新築工事 竣工後1年目の運用実績/香川県・㈱四電技術コンサルタント
  • 賛助会員/製品・機器・企業紹介
  • 編集後記/宮本正之(JAFMEC広報委員会副委員長)
「設備設計」平成30年7月号

  • 巻頭言 佐藤大三(一般社団法人日本設備設計事務所協会連合会副会長)
  • ヒートポンプ・蓄熱システムが果たすべき役割
  • 建物情報 富山県美術館
  • JAFMEC トピックス
    第66回定時総会
    第66回定時総会懇親会
    会務主要報告
  • ブロック協議会便り
    北海道・東北ブロック(岩手県)
    関東ブロック(東京都)
    東海・北信越ブロック(富山県・石川県)
    近畿ブロック(兵庫県)
    中国・四国ブロック(鳥取県)
    九州・沖縄ブロック(熊本県)
  • 竣工情報
    本庁舎耐震改修等整備工事/山形県・鈴木電気設計事務所
    三重町学校給食共同調理場における環境整備/大分県・㈱矢野設備設計
  • 賛助会員/製品・機器・企業紹介
  • 編集後記/村上正継(JAFMEC広報委員会担当理事)
「設備設計」2018年4月号

  • 機関誌「設備設計」リニューアル号発刊のご挨拶
  • 巻頭言 西田能行(一般社団法人日本設備設計事務所協会連合会会長)
  • 建物情報 日立市役所 新庁舎 第1期本体工事【執務棟】
  • JAFMEC のご紹介
  • JAFMEC トピックス
    創立50 周年及び連合会移行記念式典・講演会・祝賀会
    平成30 年「新年のつどい」
    建築設備賠償責任保険 事故事例紹介(第1 回)
    平成29 年度建築物省エネ法説明会実施報告
    BIM の現況に関するアンケート調査について
    会務主要報告
  • ブロック協議会便り
    北海道・東北ブロック(山形県)
    関東ブロック(茨城県)
    東海・北信越ブロック(愛知県)
    近畿ブロック(大阪府)
    中国・四国ブロック(香川県)
    九州・沖縄ブロック(大分県)
  • 竣工情報
    東三河総合庁舎非常用発電機等改修工事/愛知県・㈱MURA設備設計事務所
    調布市総合福祉センター空調設備等改修工事/兵庫県・㈱婦木建築設備事務所
  • 賛助会員/製品・機器・企業紹介
  • 編集後記/婦木徹(JAFMEC広報委員会担当理事)

2.各種マニュアル

「集中給油システム設計マニュアル」

住環境に求められていることは、人と自然にもっと快適に、もっとやさしく・・・です。 私達技術者は「環境を見つめ、快適を見つめ、21世紀の暮らしに新風を!」の提案こそが責務と考え、日々取り組んでいます。

この度、石油システムに関する設計マニュアルシリーズとして「KHP設計マニュアル」・「石油温水セントラルシステム設計マニュアル」に続くもので、近年石油を熱源とした暖房・給湯システムの普及に伴い、石油供給の面から集中給油システムの安心、安全、安定を考慮した検討を重ねてまいりました。その結果、総務省消防庁では、近年の技術開発等による集合住宅の給油システムに関する安全性向上が認められ、長年運用されてきた関係通知の見直しが必要となり、「共同住宅等の燃料供給施設に関する運用上の指針について」(平成15年8月6日付け消防危第81号)により各都道府県消防に通知する運びとなったのです。

利用者の利便性と設計技術者の提案は共有でなければならず、そこには安全性と安価、快適性と容易な保守の約束があります。提案する技術者は、特に今後このシステムの重要な部分となる石油熱源を多面的に検討していく立場にあり、今回待望のマニュアルが発刊されたことは大変喜ばしいことです。

本書は、石油連盟との共同制作により、設備設計技術者の皆様に、消防法関係の改正内容を盛り込み、これらの規制緩和等による集中給油システムの実務に関する情報を提供し、より容易にご理解いただきたく刊行いたしました。

より一層の住環境の快適性、利便性を思考していただきます皆様の業務に、本書がその一助となり得ることを期待しております。

【主な内容】

  • 第1章 計画編
  • 第2章 集中給油システム計画
  • 第3章 設計編
  • 第4章 施工管理編
  • 第5章 法令編
  • 参考資料
発行日 平成17年3月31日 体裁 本体A4版 約132頁 価格 会員価格 4,500円(税込)、送料実費
「床暖房設計マニュアル」

快適な住環境で、健康で安心して暮らしたい。誰もが願い求めています。

その代表として、「床暖房設備」が挙げられています。理想の暖房として憧れにも似た夢の存在として注目を集めていますが、高価で「高嶺の花」と当初から諦め、計画検討さえ、されていないのが現状です。

床暖房の特長は、健康的で爽快性のあるアメニティドライであり、何よりも「快適」そのものです。それは住環境の温度のバリアフリーを実現します。

本書は、日本床暖房設備工事業会のご協力により、建築意匠のご担当である建築士並びに設備設計技術者の皆様に、「床暖房設備」についての方式比較及び熱源のエネルギー消費比較等を踏まえての選択を、より容易にご理解いただきたく刊行致すことになりました。

床暖房を導入する際の設計の実務資料としての刊行は、これが本邦で初めてとなるため、本マニュアルが床暖房の導入を検討されている方や設計・施工に携わる技術者の皆様の業務にご活用いただけることを期待しております。

【主な内容及び執筆者】

  • 第1章基礎編 1.1 床暖房設備の基礎知識 1.2 床暖房とは 1.3 なぜ?Q&A (譌巖技術研究所・土井巖)
  • 第2章計画編 2.1 空気調和・冷暖房計画 2.2 床暖房設備計画 2.3 関連する法規 (譁ピーエーシー・平川清)
  • 第3章設計編 3.1 床暖房設計手順 3.2 暖房負荷の計算 3.3 冷暖房負荷簡易計算法 3.4 低温放射暖房の設計 3.5 床暖房負荷 3.6 温水方式の温水温度
  • 3.7 温水方式の熱源機器選定 3.8 電気方式 3.9 制御 3.10 年間燃料消費量 3.11 表計算による床暖房計算 (譁偕設計・海野法雄) (譁斉藤設備技研・斉藤雅夫)
  • 第4章コスト編 電気料金算定の手順 (譁設備計画・渡辺忍)
  • 第5章施工管理編 5.1 温水式床暖房 5.2 電気式床暖房 (譁潮設備コンサルタント・小林勝己)
発行日 平成15年11月20日 体裁 本体A4版約150頁、付録CD-ROM 価格 会員価格4,500円(消費税込)、送料実費
「石油温水セントラルシステム設計マニュアル」

住環境の快適性、利便性向上の観点から、暖房設備、中でも「石油温水セントラルシステム」には、品質も向上し目を見張るものがあります。

大規模建築には設計者も気をつけて、他方式との設備内容の比較検討も重ねますが、小規模な住宅や集合住宅等には意外と忘れられがちで、建物の竣工後に入居者からのクレームで問題となるケースがあります。

設備方式の選定においては、設置費用やランニングコストも見逃せない検討事項です。熱源問題、暖房方式、建築工事や他工事との取り合い・仕上げ問題等も十分な検討を繰り返し行い、「思い込み」「そんなはずはない」「・・・のつもり」などという言葉を吐かずに、すべてに納得のいく方式及び機器の選定をしなければなりません。

本書は、(社)日本ガス石油機器工業会との共同制作により、設備設計技術者は勿論、建築意匠のご担当である建築士並びにインテリア関係の皆様に、「石油温水セントラルシステム」についての方式比較及び熱源のエネルギー消費比較等を踏まえての選択を、より容易にご理解いただきたく刊行いたしました。

これからより一層の住環境の快適性、利便性を思考していただきます皆様の業務にご活用いただけることを期待しております。

【主な内容】

  • 第1章 基礎編 1.1 石油利用システムの現状と将来 1.2 空調設備を考えよう 1.3 石油温水セントラルシステムとは
  • 第2章 計画編 2.1 集合住宅の設備とライフライン 2.2 空気調和・冷暖房計画 2.3 住宅における冷暖房、 給湯設備計画 2.4 石油温水セントラルシステム計画 2.5 温水配管の概要 2.6 関連法規
  • 第3章 設計編 3.1 暖房負荷の計算 3.2 暖房負荷簡易計算法 3.3 給湯負荷 3.4 機器算定 3.5 暖房配管
  • 3.6 補機の算定 3.7 制御 3.8 年間消費熱量
  • 第4章 施工編 4.1 施工・工程・手順 4.2 施工上のチェックポイント 4.3 検査とテスト
  • 第5章 維持管理編 5.1 安全性、 信頼性を支える機能維持 5.2 システムの考え方 5.3 災害対策 5.4 保守管理 5.5 搬送、 媒体及びシステムのバランス調整 5.6 家庭用機器での維持管理
発行日 平成16年10月1日 体裁 本体 A4版 約130頁 付録 CD-ROM 価格 会員価格 5,000円 (税込)、 送料実費