NEWS


お知らせ

本会会員の皆様へ「建築設備賠償責任保険」(2016年度)のご案内

お知らせ|2017.05.15

本会では会員の皆様専用に「建築設備賠償責任保険制度」を平成19年に発足しました。
本制度は建築設備士が日本国内で行った建築士法第20条に定める建築設備の設計・工事管理に起因し、次に掲げるような損害を他人に与えた結果、保険期間中に日本国内において損害賠償請求がなされ、法律上の賠償責任(必ずしも裁判上の確定判決によることを要しません)を負うことにより被る損害をお支払いするものです。但し、他人の身体障害・死亡事故または財物の損害事故による賠償責任損害は補償の対象外になります。

  • (1) 設計図書の中で指示した給湯設備のキャパシティが小さく所定の性能が出せなかったため、再施工が必要となった
  • (2) 配管の設計にあたり周辺のダクト等の調査を怠った結果、接続先の変更を余儀なくされた。
  • (3) 設計図書の中で指示した設備構造物の強度が不足し、補強工事等が必要となり、追加工事発注費用が発生した。
  • (4) 設計図書の中で指示した設備工事が施工困難となったため、追加工事等の発注費用が発生した。

本制度は毎年3月に加入募集を行なっておりますが、一般社団法人日本設備設計事務所協会の会員事務所で本制度への加入を希望される場合は、逐次、本会までご連絡いただければ案内パンフレットをお送り致します。

お問い合わせ先

一般社団法人日本設備設計事務所協会
〒101-0061東京都千代田区三崎町3-10-2 みさきBLD3F
TEL03-5276-1381 FAX03-5276-1390 E-mail jieoa@nifty.com

なお、以下より案内パンフレット等がダウンロードできます。印刷してご利用ください。